15時までのご注文で翌営業日出荷 0984-27-9824 0984-27-3824 FAX注文用紙はこちら
[ みやざき地頭鶏 ]
みやざき地頭鶏(じとっこ) みやざき地頭鶏(じとっこ)3セットパック みやざき地頭鶏(じとっこ)サムゲタン みやざき地頭鶏(じとっこ)もも身
[ その他の商品 ]
鶏ガラスープ
飲食店様業者様向け

お問い合わせ

みやざき地鶏『地頭鶏(じとっこ)』
地鶏ファーム
〒889-4314
 宮崎県 えびの市 大河平 1210

TEL:0984-27-3824
FAX:0984-27-3825

 

TOP > 生産者の想い

生産者の想い

当通販サイトへお越しいただいてありがとうございます。
当通販サイト代表であり、生産者である奥松は『みやざき地頭鶏(じとっこ)』に本気です。

他の地鶏をも圧倒する自信があります。それは、

奥松が最高の愛情をかけて育てている

厳選された飼料で安心・安全重視で育てている

広々とした生産指定農場で育てている

宮崎のブランド地鶏の名に恥じない肉質

だからこその、自信です。

あまり話しもうまくなく、少々長文になりますが、
当通販サイトでご購入の前に、地鶏ファームの『みやざき地頭鶏(じとっこ)』と
私の想いをしっかりご理解いただくために、ご一読ください。

地鶏ファームは、自然溢れる宮崎県にあります。
私がみやざき地頭鶏(じとっこ)に出会った場所です。

もともと鶏は大好きで、各地の地鶏も食べていましたが、
私がこのみやざき地頭鶏(じとっこ)を食べた時の感動は忘れられません。
鶏肉特有の臭みが少なく、ほどよい弾力があるみやざき地頭鶏(じとっこ)を食べた時は感嘆しました。
その感嘆がなければ、みやざき地頭鶏(じとっこ)を飼育し、当通販サイトを開設することはありませんでした。

なぜなら、そのあまりの美味しさに、「このおいしいみやざき地頭鶏(じとっこ)を
全国の人にも食べてもらおう」と思ったのが、飼育のきっかけだったからです。
嘘のような本当の話です。

飼育にはたくさんのすべきことがあります。
みやざき地頭鶏(じとっこ)は、宮崎県のブランド地鶏ということもあり、
飼育方法がかなり厳密に定められてきます。

例えば、
・飼育密度は1屬△燭蝪憶以下
・飼育期間は概ね雄4ヶ月、雌5ヶ月
・育すうを含めて全期間平飼い飼育
など、厳守すべき高い基準があります。

そのための条件を揃えるべく準備をし、県に飼育販売許可を申請し、ようやく受理されました。
そして晴れて念願のみやざき地頭鶏(じとっこ)の飼育が開始されたのです。

◇みやざき地頭鶏(じとっこ)が世の中に出るまで

飼育を始めてからも苦労の連続です。
全て平飼いのため、鶏たちの体調管理や天気の心配も毎日しなければなりません。

飼料も、最終的においしく地頭鶏を召し上がっていただく皆様を思い浮かべながら
安心・安全でかつ栄養価の高いものにするために試行錯誤を重ねて今に至ります。

今でこそ食の安全が叫ばれていますが、
当時はそのような風潮があまりない中で、
既に安心・安全の取り組みを開始していました。

なんとか順調に飼育数を増やし、今では愛情たっぷりに、
3,000羽の地頭鶏(じとっこ)を飼育しています。

正直3,000羽というとかなりの飼育数でとても大変です。
しかし、初めて食したときのあの感動から
今までを振り返ると大変ながらも、ここまできた別の感動があります。

飼育開始当時は、飼育したみやざき地頭鶏(じとっこ)を
ネット通販もない時代に宮崎から東京や大阪、北海道などまで販売するのはとても大変でした。

まず、地頭鶏(じとっこ)を知っていただく機会がとても少ない。
これは私達生産者の悩みのたねでした。
しかし、県や関係者の皆様のバックアップもあり、
そして何よりもこうして技術が発達したことで、インターネットという手段を使わせていただき、当通販サイトを通じて、全国の皆様にみやざき地頭鶏(じとっこ)を知っていただく機会を得ました。

数々のメディアにも掲載していただいたり、コンテストで受賞させていただくなど、
ようやくみやざき地頭鶏(じとっこ)も全国の皆様に知っていただけるようになりました。
そうして、ようやく、みやざき地頭鶏(じとっこ)を知っていただいた方に、当通販サイトなどを通じて直接販売させていただけるようになったのです。
みやざき地頭鶏(じとっこ)の飼育を開始しようと決意してから長い時間が経ちました。

やっとこうして皆様に愛情をたっぷりかけた、おいしいみやざき地頭鶏(じとっこ)を当通販サイトからお届けすることができます。

当通販サイトをご覧いただいてる皆様
どうぞ、私奥松が愛情いっぱいに育てた最高級のブランド地鶏である、
みやざき地頭鶏(じとっこ)をご賞味ください。